沖縄の旧暦行事i

 

沖縄での旧暦

日本では1872(明治5)年に旧暦(太陰太陽暦)から新暦(太陽暦)に切り替わりましたが、沖縄では旧暦を生活の中に利用している地域も多々あります。
何より沖縄では暮らしに旧暦が根付いて独自の文化を築き上げ、現代まで残ったのだと思います。 特に旧暦での行事として全県的に残っているのは、旧正月(ソーグヮチ)、清明祭(シーミー)、旧盆(ウンケー)という大きなイベント。他に地元で行われる神事に関する行事も旧暦です。
旧盆のエイサー風景

 旧盆のエイサー風景

糸満を中心に南部、あと北部地域では、他の行事でも旧暦使用が顕著です。 浜下りという女性が浜に出かけるという風習は、沖縄全土で旧暦3月3日に行われていますし、地域に関連のある年中行事も、沖縄全土で旧暦で行われています。

 清明祭(シーミー)風景

 旧正月の沖縄風紅白番組?

ハーリ風景

2020~2021旧暦行事対照表

旧暦 行事名 新暦 行事内容
12月8日 鬼餅
(ムーチー)
1月20日 月桃(サンニン)の葉で包んだ餅を供え、それを食べて家族の健康を願います。
12月24日 御願解き
(ウガンブトゥチ)
2月5日 仏壇、火の神等に1年間の祈願を感謝し、洗米を供え、祈願をとく日。
1月1日 正月
(ソーグァチ)
2月12日 若水をウブカーから汲み、仏壇とヒヌカンに供えて、お年始回りをします。
1月3日 初起し
(ハチウクシ)
2月14日 仕事のはじめ、2日か3日に行う。
1月7日 七日節句 2月18日 松飾りを取り、まぜ御飯風のクワジューシーをを仏壇に供えます。
1月吉日 年日祝い
(トゥシビー)
1月
2~13日 
自分の生まれと同じ干支の年を祝います。数えで13歳、25歳、37歳、49歳、61歳、73歳、85歳。
1月16日 十六日:グソーの正月
(ジューウルクニチー)
2月15日 後生の正月(グショーのソーグヮチ) あの世の正月で、お墓にお供え物して先祖の霊をなぐさめます。
1月20日 二十日正月
(ハチカソーグヮチ)
3月3日 正月の終わりで正月飾り物をとり払う日。那覇市辻ではジュリ馬行列でにぎわいました。
2月15日 二月ウマチー
(ニングァチウマチー)
3月27日 麦の初穂を仏壇に供えて祝う日で。豊かな実りを祈る麦穂祭。
2月吉日 彼岸  3月17日~23日 先祖供養。仏壇にごちそう(三枚肉、天ぷら、揚げ豆腐、かまぼこなどのお重とあん餅、白餅など)を供え、彼岸の節をお祭りします。
3月3日  浜下り(ハマウリ) 4月14日 女の子は料理をお重に盛って浜に出て身を清め、健康を祈願したのですが。今では潮干狩りも。
3月15日 三月ウマチー 4月14日 麦の収穫祭。麦の初穂を神仏に供えます。
3月吉日 清明祭(シーミー)   先祖供養の行事。旧歴3月に門中が本家の墓に集まって、重箱料理のごちそうをそなえ、お焼香をしてから皆で料理を食べたりします。
4月吉日 畦払い(アブシバレー)   昔、田畑を害虫から守るために行われた虫払いの行事。畦の草を刈り虫払いをします。
5月4日 四日の日
(ユッカヌヒー)
6月13日 各地の漁村で爬竜船競漕、ハーリーが行われます。豊かな幸を祈願する行事です。
5月5日 五月五日
(グングヮチグニチ)
6月14日 仏壇に甘菓子をそなえ、菖蒲の茎であまがしを食べ邪気を払うといわれてます。一種の健康祈願。
5月15日 五月ウマチー
(グングァチウマチー)
6月24日 初稲祭で、稲の初穂を神様に報告する行事です。
6月15日 六月ウマチー
(ルクグァチウマチー)
7月24日 稲大祭。新米を供え、稲の収穫に感謝する行事です。
6月25日 六月カシチー 8月3日 稲の収穫祭で、新米の強飯を火の神や仏壇にお供えします。
6月吉日 プーリ   八重山の豊年祭で、クロマタ、アカマタ等の神と共に豊年を祭ります。
6月吉日 シヌグ   盆の前後どちらかの日で行われる豊作、豊漁祈願。
7月7日 七夕 8月14日 墓掃除をし、衣類などの虫干を行う。
7月13~15日 お盆 8月20日~22日 仏壇を掃除し、お供え物をします。 13日はお迎え(ウンケー)で玄関にはソーローバーシー(メドハギの茎)と水を置いて先祖の霊を迎えます。
この日から3日間、エイサーが行われます。
お送り(ウークイ)には三枚肉、赤かまぼこなどを供えて紙銭(ウチカビ)を焼きます。
7月吉日 ウンジャミ・シヌグ   ウンジャミは女性を中心にシヌグは男性を中心に海神様に豊作と豊漁祈願をします。隔年で行う部落も。6月に行う所も有ります。
8月8日 トーカチ 9月01日 米寿(88歳)のお祝いをする日。
8月10日 八月カシチー 9月03日 あずき入りの強飯を炊き、仏壇に供える。
8月15日 八月十五日 9月16日 お月見。小判型に作っり小豆をつけたフチャギ餅を仏壇、火の神におそなえして月拝みをします。
8月吉日 彼岸  9月20日~26日 先祖供養。仏壇にごちそう(三枚肉、天ぷら、揚げ豆腐、かまぼこなどのお重とあん餅、白餅など)を供え、彼岸の節をお祭りします。
9月7日 カジマヤー祝い 10月12日 九十七歳の長寿の祝い。童心にかえると風車(カジマヤー)を持たせお祝いします。
9月9日 菊御酒
(チクウジャキー)
10月14日 菊の葉を浮かべた酒を仏壇、火の神に供えて、家内安全を祈願します。
9月吉日 パーントゥー   宮古島で行われる来訪神の祭りで村の悪害をはらいます。
10月吉日 種子取(タニドゥル)   八重山諸島で10月中の甲・乙日に行う種子取り農耕儀礼です。
11月01日 冬至(トゥンジー) 12月14日 豚肉や里芋などの入ったトウンジージューシーを仏壇、火の神にお供えします。


Copyright ©Okinawa information IMA All right reserved | Since Sep.12th.1999 | 更新: 2020-11-18