東御廻り・ミントングスク

アマミキヨが居を構えたと伝えられています。

神域ですが個人所有地なので気配りを
東御廻りマーク   ミントングスクは、沖縄開祖の神アマミキヨが本島に上陸後、本格的に居を構えた場所と言われ、子孫も繁栄てして沖縄中に広がって行ったと言うことです。
ミントングスク周辺からは、石斧や貝塚時代中期の土器片、貝殻などが採集されていますから、古くから人々が暮らしていた場所だったことは間違いなさそう。
 ここは東御廻りの聖地の一つであり沖縄県指定史跡文化財でもありますが、個人の私有地のなかににあるので、迷惑をかけないような配慮が必要です。まずは挨拶して許可を得るようにしてください。

階段を登ると周囲とは全く異なる雰囲気の神域と呼ばれる少し広い森の中の空地にでて、そこには何箇所かの拝所があります。
観光の情報にもミントングスクのページがあります。


交通 那覇空港から約21km(約45分)
利用料金 最近100円?
駐車場 無し・
道路の端に停めるようになります
住所
問合せ先
沖縄県南城市玉城字仲村渠
098-946-8817(南城市観光文化振興課)
オフィシャルサイト

中城城跡から見た景色のパノラマ写真
中城城跡御内原から見た景色のパノラマ写真です。

より大きな地図で ミントングスク を表示
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved    更新: 2014年9月28日