東御廻り・知念大川

東御廻りの拝所・知念大川

知念城跡は古来からの大切な場所です。
知念大川全景
東御廻りマーク  知念大川は知念城跡の西にあり、稲作発祥ゆかりの泉で、昔から聖地とされていました。
碑文よると川の水源地は後ろの崖下にある「ウファカル」と呼ばれる泉で、沖縄の歴史書、中山世鑑には「アマミキヨが知念大川後ろの田と玉城の受水走水に稲を蒔いた」と記されているそうです。
 この知念大川、琉球国王が自ら参拝する聖地とされていたことにより、今も東御廻りの配所の一つとしてに受け継がれています。

  私が一昨年の夏に行ったときには、周囲が草ぼうぼうで、ほとんど管理がなされていない様子。
川の水も良く確認できない状況でしたが、最近のWEB上の情報だと、大分整理されて綺麗になっているようです。近いうちに確認してこのページも更新しましょうね。
 
 自動車で行かれる時には、知念城跡のほうからではなく、南から行かれるほうが楽だと思います。


交通 那覇空港から約24km(約50分)
利用料金 なし
駐車場 路駐
住所
問合せ先
沖縄県南城市知念字知念
(南城市観光文化振興課)
電話: 098-946-8817
オフィシャルサイト

知念大川の拝所
拝所アップ

より大きな地図で 知念大川 を表示
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved    更新: 2014年9月28日