東御周り:アガリウマーイ

沖縄本島南部にある、聖地14ヶ所です

琉球王朝時代から続く祈願のルート

東御廻りアイコン   琉球の祖神として語り継がれるアマミキヨが久高島に降り立ち、本島各地を回ったことにちなんで御嶽に祀られました。 東御廻り(あがりうまーい)」はその霊地を中心に、琉球国王ゆかりの場所などを加えた14箇所を巡拝する行事のことを言います。 琉球国王の巡礼がその原型で、王国安泰・五穀豊穣を祈願する行事が行われたらしく、民間へも広がり巡礼の旅へとなっていきました。
その後王の巡礼は廃止されたようですが、国の祭祀を司る最高神職・聞得大君の東御周りは長く続けられました。  首里の(すぬひゃんうたき)を出発し、佐敷の拝所を経て知念に入り、斎場御嶽(せーふぁうたき)、から玉城までという行程で計14の聖地を巡ります。  最近ではパワースポットがブームと言うこともあり、観光もかねて巡拝する方も増えてきているようで、車なら一日で回ることも可能です。
東御廻りの最後の一つ、玉城城跡
園比屋武御嶽 首里城守礼門近くにあり、石門の背後にある森が園比屋武御嶽。琉球国王が旅に出る時に必ず拝礼した場所であり、聞得大君が就任する時にもまず最初に拝礼した聖地でした。 首里
御殿山

天女が舞い降りたと言われる。聞得大君の即位儀礼の折には仮御殿が造られ、聖水の儀式・御水撫でを行なった。久高島参詣の発着地でもあり、ここ与那原の浜から久高島へ渡ったそうです。

与那原
親川 御殿山に舞い降りた天女が出産してここ親川の水を産井に使ったと伝えられています。 聞得大君の御新下りのとき、霊力を得る儀式・御水撫でが行なわれたました。 与那原
場天御嶽 イビの森といわれる森に、尚巴志の祖父・佐銘川大主の居住跡、そして彼が拝む対象としていたらしい御天坐神などが祭られている尚氏ゆかりの場所。 南城
月代グスク 初代の琉球国王となった尚 巴志とその父、尚 思紹の居城跡とされているグスク。佐敷グスクとも言う。月代宮は明治時代に尚父子を含む八体を合祀した。 南城
テダ御川 テダ(太陽)神がここに降臨したと伝えらる湧水の出る場所でした。国王や聞得大君が久高島参拝の無事をノロたちが航路安全を祈願したということです。 南城
斎場御嶽 琉球開開闢七御嶽のひとつで、聞得大君の即位儀礼・御新下りが行われた世界遺産にも認定されている東御廻り最高の聖地です。 南城
知念城跡 沖縄最古の歌謡集・おもろさうしにもうたわれた古いグスク。城内には友利之嶽があり、ここが東御廻りの聖地のひとつになっています。一説にはアマミキヨが住んでいたと言うことです。 南城
知念大川は沖縄の歴史書、中山世鑑(1650年)にアマミキヨが知念大川の後ろにある田と玉城の受水走水に稲を蒔いたとされています。知念大川の水源地は後ろの崖下にある湧泉です。 南城
琉球国由来記によると、アマミキヨが海の向こうにある理想郷ニライカナイから稲の種を持ってきて受水走水に植えたとされています。 南城
百名の浜にある拝所で、アマミキヨが久高島に降り立ち、その後沖縄本島に降り立った最初の地とのいわれています。石碑は満潮時には海中に没し、干潮時には歩いて近くまで行くことができます。 南城
アマミキヨがヤハラツカサに上陸し、浜川御嶽にしばらく仮住まいしていたと言われている場所です。 南城
ヤハラヅカサに上陸したアマミキヨは、浜川御嶽に仮住まいをしていましたが、やがてこのミントングスクを築き、ここに住み着いたといわれています。 南城
別名アマツヅ城。年代や城主については不明ですが、「島尻郡誌」では、アマミキヨが築いた城であると言う伝説が残っています。城内には、あまつぎの御嶽が祀られています。 南城

より大きな地図で 東御廻り を表示
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved    更新: 2014年9月29日