斎場御嶽(東御廻り)

東御廻りの拝所・斎場御嶽

世界遺産にも指定されている神聖な場所です。
斎場御嶽久高島遥拝所からの景色

東御廻りマーク  斎場御嶽は琉球の開祖と言われるアマミキヨ「国始めの七御嶽」の一つで、沖縄本島でもっとも神聖な場所と言っても過言ではないでしょう。
第二尚氏尚円王の時代、琉球の最高神職だった 、聞得大君(キコエノオオキミ)の神職,の就任式(お新下り)もここで行われていました。
当時は、一般の人たちはと男性は入り口までしか入る事を許されず、国王でさえ途中までしか行くことができなかったほど神聖視されていた場所です。
斎場御嶽に関しての情報はかぶるので、詳しくはこちらの世界遺産内のページから

交通 那覇空港から約26km 自動車で約50分
駐車場 入口に広い無料駐車場がありますが、2013年11月より、がんじゅう駅・南城、知念岬公園を利用と言うこと。 ちなみにがんじゅう駅は地元物産店で斎場御嶽入口までは徒歩だと上り坂で約八百メートルあります。
※券売所で許可証を取得すれば旧来の駐車場を利用できる方:拝みをする方、障がい者、撮影車両
入場料 高校生以上:200円 小中学生:100円 
営業時間
休日
9:00〜18:00(最終入館17:30)
聖地の静寂さを確保し、自然保護の観点から毎年2回旧暦5月1日〜3日、旧暦10月1日〜3日休息日。
住所
問合せ先
沖縄県南城市知念字久手堅270-1
電話098-949-1899
南城市オフィシャルサイト

斎場御嶽サングーイ
斎場御嶽サングーイ

案内板のイラスト
 大金をかけてきれいに整備された大型駐車場が利用できなくなった背景には、地元物産店「がんじゅう駅」ができて繁盛しなかったと言うことが無関係ではないように思うのは、私だけでしょうか…。 環境を言うなら、付近に人を集める店舗などの設置を禁止するほうが先なのでは?
京のはな(チョウノハナ)

より大きな地図で 東御廻り・斎場御嶽 を表示
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved    更新: 2014年9月23日