阿嘉島ニシハマビーチ

阿嘉島のメインビーチです。

ケラマブルーの海に圧倒されます。
那覇泊港からフェリーに乗って約一時間半。
慶良間諸島の座間味村阿嘉島に到着。
港の周りには何もない阿嘉港ですが、宿泊施設の送迎や、村のバスなどで船が居る時にはにぎわっています。
そこから村のバスに乗って10分もかから無いでニシハマ(北浜)ビーチに到着。バス停の周りにはキャンプをやっているグループが何組もいます。
そこから階段を少し下りたら明るい一直線のビーチが広がっています。
エメラルドグリーンの海の向こう側には、座間味島が見え、その手前に無人島の嘉比島、安慶名敷島、安室島がビーチの白い砂浜を輝かせて浮かんでいます。
海には遊泳区域のブイが海岸から大分離れて浮いていて、とっても広い遊泳区域が設定されています。
入って見ると、かなりの透明度。でも浅いので、沖に向かって泳ぎだすと、元気の良い珊瑚たちがあちこちに群生していて、魚達もいっぱい泳いでいます。
ブイのそばに行くと、3〜5mくらいの深度に変わり、珊瑚の群生もその壁に沿って種類も数も増えています。 透明度も目測ですが40mくらいはありそう。
ただ、時間帯によっては多少流れがあるので、自分の位置には注意が必要。珊瑚や魚に見とれているうちに流されてしまうと、帰ってくるのが大変だから要注意です。
今まで慶良間で潜ったビーチエントリーできるポイントの中で、一番魚と珊瑚の種類も多く、海中の雰囲気は、目前の無人島に似ています。
ビーチは砂と言うよりかどの取れた珊瑚のかけらで構成されている部分が多いので、海の透明度も台風


とかが接近していなければコンデションの良い時が多いはずです。 ただアクセスが、行きは那覇ー阿嘉ー座間味とフェリー船が進むので問題ないのですが、帰りは座間味ー阿嘉ー那覇の順なので、混雑しているときには良い席が確保できないのでちょっときついかもしれません。 もっと詳しくは慶良間情報阿嘉島



関連情報:阿嘉島情報阿嘉島の海阿嘉島あちこち阿嘉島海のポイント

Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved