ちんすこう

ちんすこうは沖縄土産の代表選手

ちんすこうはどれが美味しい?
 沖縄のみやげの定番中の定番といったら、やっぱりちんすこうでしょう。 沖縄独特のクッキーのようなものといったら解りやすいかも知れませんね。  砂糖・ラード・小麦粉(薄力粉)をこね合わせ木型で抜き取り焼き上げたお菓子で、さっくりした歯ごたえと軽い甘さで、食べ飽きない味です。
15世紀頃、琉球王朝時代には、王が変わると中国の冊封使が来ました。 それには色々な専門家が随行してきて、菓子職人もいたために中国菓子の製法が伝えられたもののひとつと思われます。
琉球は日本とも交流があったため、 日本菓子の製法も持ち帰り独自の菓子を作り上げました。
当時のちんすこうは今のものとは異なるもので、米の粉を蒸して砂糖とラードを加え、型に詰めて焼かれていたようです。
 今のちんすこうのようになったのが明治末期で当初は丸型。戦後まもなく米軍にあったクッキーの型を利用してつくり、細長い一口サイズになりました。  伝統的なものは新垣家で六代に渡り引き継がれ、それが分かれて、本家新垣菓子店、新垣カミ菓子商店、新垣ちんすこう、の三軒になり現代に引き継がれています。
 最近は色んなバリエーションもあって、 1)伝統に忠実なもの。  2)周りをチョコレートでコーティングしたちんすこうショコラ 3)塩味を効かせた雪塩ちんすこうを代表とするもの。 4) パイン味、黒糖味,ココナッツ味をはじめとする、色んなフレーバーを加えたもの。 と多種多様ですが、とりあえずお勧めできそうなものを紹介させていただきます。

本家新垣菓子店ちんすこう
本家新垣菓子店
余り油分を感じないすっきりしたあっさり味。口当たりも良く私的に好みです。他の二社と異なり、周りにぎざぎざのない形で、伝統的製法を守っています。
駐車場 有り
営業時間 10:00〜20:00 日曜は〜18:00
オフィシャルサイト  
住所
問合せ先
沖縄県那覇市首里赤平町1-3
ゆいレール儀保駅から約3分
電話:098-884-3413
地図はチールンコーのページ
新垣菓子店ちんすこう
新垣ちんすこう(新垣菓子店)
黄色い包装紙の一番見る機会の多いちんすこう。味は多少強めでしっかりしています。大型の工場を持ち、新しいバリエーションのものも製造。一番見かけることの多いブランドです。
営業時間 各店舗により異なります
オフィシャルサイト http://www.chinsuko.com/
住所
問合せ先
南城市玉城字堀川698-1
電話:098-948-3654
店舗は数件あります。
雪塩ちんすこう
雪塩ちんすこう・南風堂
宮古島で作られた雪塩をプラスした新しい商品。ちんすこうとしての基本もしっかり押えてあって、さっぱりとした味わいのお菓子です。塩のおかげで少な目の砂糖でしっかりした甘味が感じられます。塩味ではこれがお勧め。
オフィシャルサイト http://www.nanpudo.co.jp/
住所
問合せ先
糸満市西崎町4-15-2
電話:(098)995-3111(代)
新垣カミ菓子店ちんすこう
新垣カミ菓子店
本家よりはすこし濃い目の味ですが、くどさは無くてこれも美味しい。首里城に納品しているだけの事はあります。今でも伝統的製法を守っています。
駐車場 有り
営業時間 8:00〜18:00
オフィシャルサイト http://arakaki-kami.com/
住所
問合せ先
那覇市首里赤平町1-3-2
ゆいレール儀保駅から約3分
電話:098-886-3081
地図はチールンコーのページ
琉球酥本舗御庭ちんすこう
琉球酥本舗( りゅうきゅうすほんぽ)
御庭(うなー)ちんすこうと呼ばれる商品は胡桃とか松の実などを乗せて小判型に焼かれていて、味も伝統的なものとクッキーの中間くらい。 これはこれで美味しいです。
営業時間 各店舗により異なります
オフィシャルサイト http://www.ryukyusu.jp/
住所
問合せ先
沖縄県那覇市奥武山町14−5 電話:098-857-7711
店舗は数件あります。
ちんすこうショコラ
ちんすこうショコラ・ファッションキャンディー
これもしっかり作られたちんすこうの上に、チョコレートをコーティングした最近では定番になってきているお菓子。チョコの濃さでいくつかの種類がありますが、私的にはこのダークがお気に入り。お子様にはミルクがいいかな?
オフィシャルサイト http://www.fashioncandy.co.jp/
住所
問合せ先
沖縄県宜野湾市大山2-21-22 電話:098-890-1900
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved   更新: 2013年5月23日