珊瑚の海を楽しむために

かけがえの無い珊瑚の海を守りましょう。

珊瑚は減ってきています…
 沖縄は、日本でも数少ない多種の珊瑚が生息している海に囲まれています。
 珊瑚は太古から現在の地球環境を守る大切な働きをしていますが、最近の地球温暖化の影響などで海水温が以上に上がる年があり、その海域の珊瑚達に大きなダメージを与えています。
 本島周辺では、開発による赤土の流出や、エンジン付の道具を使うマリンレジャーの影響も無視できなくなってきています。その上に人工ビーチの工事…。本島周辺の海の海岸に近いところの珊瑚は、ほとんど壊滅状態になっています。  本島の近くで珊瑚が元気に育っているところは、限られて来ました。
 当サイトでは、皆さんに透き通った海と珊瑚礁を楽しんでいただくために、多くのページで情報を提供させて戴いておりますが、この環境を守っていくために何点かお願いがあります。

透き通った海と魚達

D魚に餌をやらないように
 一般的に魚肉ソーセージを魚にあげて集める事が行われています。その油や周りのビニールで、海が汚される事も問題です。そして科学的なデーターがあるわけでは無いので因果関係を断言はできませんが、添加物のためか餌付けに慣れた魚に、白い斑点が見られることもあるそうです。 実は私も沖縄に来た当初はやっていた時期があるのですが、すぐにやめました。疑わしい事をわざわざする必要は無いと考えたからです。
 そればかりか、餌付け自体が自然体系を狂わせる可能性も考えられます。餌付けに慣れたかわいい魚が、自然に備わった注意深さを欠いて釣り上げられたり、自分で餌を獲れなくなる可能性も否定できないと思います…人間社会と同じで、楽に慣れさせるのは本人?のためにならないのでは?
元気な慶良間の珊瑚

@珊瑚の上に立たないで下さい。
珊瑚礁の海では、干潮時は水深が浅くなる所が多いので、うっかりすると珊瑚の踏んで折ってしまう事も有ります。もちろん、ダイビングですとその危険性も増します。珊瑚の上に立ち上がるなどは言語道断ですが、うっかりフィンでけってしまう事も有るので注意して下さい。
折れてしまった珊瑚達の悲鳴こそ我々には聞こえませんが、すぐに死んでしまいます。
そして新しくそこに珊瑚が育つまでは、想像以上の年月を必要とします。

折られて死んだ珊瑚

Aごみを捨てないで下さい。
当然の事ですが、自分達の出したゴミ類は、まとめてゴミ箱に捨てるか持ち帰るようにしましょう。言うまでもなく、自然を楽しむための最低必要条件です。

Bジェットスキーやドラゴンボートなどより、シーカヤックやシュノーケリングなどの自然にやさしいものを選んでください。
特に慶良間海域などの様に自然環境が残っている所に、排気ガスの匂いは似合わないし、環境悪化に直結すると思います。
  残念ながら利益の大きいこれらのマリンスポーツは、業者も何軒か営業している状態ですが、需要が減れば自然になくなっていくと思います

C珊瑚の天敵はオニヒトデです。オニヒトデ
 もし見かけたら、是非排除してください。素手で触ると棘に毒も有り危険ですので、落ちている木の枝とか、海岸から近ければフィンを片方脱いでそれに乗せてくるとか工夫して海岸に持っていき、穴を掘って埋めましょう。くれぐれも棘を刺さないようにだけは気をつけて。

特に本島で人気のある瀬底、水納、備瀬などのビーチや、西海岸にある珊瑚の生まれ故郷でもある慶良間諸島周辺では、特段の配慮が必要かと思います。
私達の子供の代にもこの美しい海を残していく事は、私達沖縄に関わる全ての人たちの責務だと思います。

Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved