ハイビスカス・アカバナー

一番沖縄らしい花かもしれません。

鮮やかで綺麗な花です。
 沖縄ではアカバナーと呼ばれ、昔はシャンプーのかわりに髪の毛を洗うときに使われていたハイビスカス。 しっかりウチナーンチュの生活にも溶け込んでいて、5分くらい散歩でもしたら必ずといっていいほど生垣とか庭で見かけます。
 基本的にはアオイ科芙蓉属の植物で、その中でも和名で仏桑華と呼ばれているものが一番多いようです。
 普通の鮮やかな赤から、黄色、白などの物もあり、咲き方も花弁が采咲(切れているような咲き方)とか、八重咲きのものなど、バリエーションも多岐にわたっていて、見ていても楽しかったり。

ちなみにマレーシアの国の花にもなっています。





Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved    更新: 2013年4月27日