具志川城跡

本島南部、喜屋武岬に近い史跡です。

南部には史跡がいっぱいあります。
具志川城跡の石垣
具志川城跡入口付近  331号線を那覇から南下すると、名城ビーチ入り口という看板が見えるので、そこを入り進んでいくと喜屋武岬方面の案内があります。
それにしたがって行くと、今度は具志川城跡方面との分かれ道になり、あまり車のの来ない道を行くと具志川城跡入り口に到着。

 入口付近にスペースがあるので車を止めて入っていくと、絶壁の上に野面積みの石垣と切石積みの城門が残っています。
そんなに広くはありませんが、その地形を生かしてなかなかのお城だったことが伺えます。
15世紀初めに久米島を支配していた按司真金声の城と言われ、国指定史跡にも指定されていて、現在糸満市が修復整備に当たっているようです。
発掘調査では発掘調査では13世紀中頃から15世紀中頃までの中国製陶磁器が出土したとの事。
実際の所は文献に残っていない事もあり、良くは解っていないようです。
一時は崩れかけていた城壁跡も、徐々に修復が進んで来ていて、行く度にすこしづつ立派に。
 海沿いの断崖に位置しているので、ここからの景色はとても壮大で、一見の価値があると思います。

 勿論定番の観光地を回るのも沖縄の楽しみ方の一つですが、琉球の歴史遺跡にポイントを絞って歩くのも、きっと素敵な旅行になるでは?


より大きな地図で 具志川城跡 を表示
野面積みの石垣具志川城跡は海に向かう崖に面しています
具志川城跡からの景色石垣に留まる小鳥



交通 那覇空港から約16.7km(約35分)
利用料金 無料
駐車場 無料(数台)
営業時間  
住所 沖縄県糸満市字喜屋武
具志川城跡碑
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved   更新: 2012年7月20日