おきなわワールド・スーパーエイサー

沖縄一番楽しめるショーかも。

真南風のエイサーは必見!感動間違いなしです。 
おきなわワールドのエイサー決めポーズ
 エイサーは念仏踊りが変化したもので、今でも沖縄県内では、お盆に各地域青年団が地域内の道を回って演じられています。
 最近は観光化が進むと共に、振り付けがダイナミックになり、ショーとして演じられることも増えてきました。  その中でも一番完成度が高いと思われるのが、おきなわワールドの無料ゾーンで一日4回演じられている 真南風(マフェカジ)といわれるグループのエイサーショー。

 まずは、黒島口説にのって、エイサーがあり、八重山のアンガマーの面をかぶったおじいさんとおばあさんが、シーサー(獅子舞)とともに現れます。
シーサーは観客席まで暴れこみ、厄払いにお客さんを噛んでくれたり。
 そして、その後は本格的エイサー。
 私は何回も見に来ていますが、そのたびに新しい工夫、新しい技が加えられていて、どうしたら観客に楽しんでもらえるか、感動させる事が出来るかを真剣に日々考えている事が伝わってきます。
  若いメンバーが笑顔を絶やすことなく沖縄の音楽にのって力いっぱい踊る様子は、スーパーエイサーの名に恥じることなく見た人を必ず感動させるものだと思います。  エイサーをここまで感動させる事の出来る立派なショーに仕上げている彼等には、感謝したくなります。
 演技が終わると、会場は万雷の拍手。
そして、最後は勿論お決まりのカチャーシー。
会場をいじるとしらける場合が多々ありますが、会場の雰囲気をすっかり盛上げた後なので、参加するお客さんも大勢。
何回見ても楽しめるプログラム。30分が、とても短く感じられます。
 ここのほかに、何箇所かでもエイサーショーをやっていますが、この真南風を越えるものを見たことがありません。  うれしい事に、エイサー会場までは無料で入場できます。おきなわワールドを全部楽しむ時間が無いときには、このスーパーエイサーショーだけでもご覧になる事をお勧めします。

エイサー演舞開演時間
第一回
10:30
第二回
12:30

第三回

14:30
第四回
16:00

おきなわワールドエイサーショー・迫力があります 最後に観客参加でカチャーシー
おきなわワールドのエイサー・元気はつらつです
ショーの中ごろにある八重山のアンガマーアンガマーとシーサーのからみ おきなわワールドのエイサー・女性陣の活躍が目立ちます
大太鼓を持って舞台狭しと動くエイサーショーエイサーショー場内撮影禁止になってから、外から望遠でこの位置からしか撮れません
  何年か前から、演舞中の場内撮影は禁止になりました。終了後に無料で出演者と一緒に写真を撮る時間が設けられていますので、協力しましょう。

(最近多くの分野で女性の活躍が目覚しいですが、このグループでも女性の演舞が目立っています。 沖縄の小柄な女の子か笑顔で踊る様子は、身体の切れ、ポーズの大きさともに男性陣に勝っているような。 頑張れウチナーイキガー)
Copyright (C)1999〜 2005  Reserved.Okinawa information IMA All Rights Reserved   更新: 2012年6月8日