比謝川遊歩道

沖縄イメージ

ちょっとそれただけで、渓谷の雰囲気

比謝川遊歩道付近の比謝川カフェグリーンリバー外観沖縄は県内各地に遊歩道がありますが、残念ながら継続して綺麗に管理されていている所というとあまり多くはありません。比謝川遊歩道は県の自然保護区域に指定されている、比較的綺麗に整備されている所のひとつ。 
比謝川は沖縄市・嘉手納町・読谷村など5市町村を通って流れる流域面積が本島で最も大きな河川で、比謝橋から近い屋良城跡公園から、下流にかけて続いています。
カフェグリーンリバー(以前はカフェブラン)の少し先に川に向っている道が有るので、そこから遊歩道の下流側に入る事ができます。 上流側は屋良城跡公園まで続いているようですが、途中狭くなっていたのでこの日は下流に向って歩きました。
比謝川遊歩道比謝川近くにいたシロサギ 少し歩くとすぐに川辺に出る事ができるようになっています。
川幅は沖縄的にはかなり広く感じられ、ゆったりと流れる両岸は緑にあふれていて森林浴気分。その中を野鳥達が遊んでいる姿を見ることもできます。 川にいる魚達の種類も多そうで、河口から近いこともあり海の魚と淡水の魚の両方を見る事ができて、この日もおじさんが一人数本の竿をセットして釣りを楽しんでいました。比謝川にいる魚達 まさに渓谷と呼べる景色。 両岸にはヒルギも生えています。川に足を漬けて遊ぶ事ができるように、階段状に河岸が整備されています。→

野国總管神社へ

 数百メートル歩くと、左手に少し場違いな真っ赤な鉄製の階段が有るので、通り過ぎて行くと少し広くなり公衆トイレの建物のある所があって、そのまま進むとこれも真っ赤な比謝川大橋が見えてきます。
その先は海に出る方向なのでUターンして途中の階段を登ってみる事に。 比謝川遊歩道から野国神社への階段
階段を登りきると急に視界が開けて沖縄独特のお墓がある場所に出て、それに沿っていくと学校のグラウンドの横にでます。
そのあたりの左側には、嘉手納出身の野国總管を祀った宮があります。
これはかなり立派で、1955年に建立されたとの事。鳥居の先にある両側の建物の屋根が八角形でのはいかにも沖縄。 野国総管の宮 野国總管は1605年にサツマイモの苗を始めて持ち帰り、儀間真常とともに普及に努めた人で沖縄歴史上の有名人。

 そのまま病院の裏を通っていくと、出発したカフェグリーンリバーの横に戻れます。
 この1km.弱のコース、歩いて30分~1時間くらいあれば充分楽しめます。 比謝橋は58号線で西海岸のリゾートに行く時や琉球村に行く時など普通に通る道からも近く、ちょっと寄り道したら海やリゾートとは別の、沖縄の緑あふれる自然を楽しめます。
カフェグリーンリバーでティータイムして、そこに車を置かせてもらってしばしお散歩、なんていうのも素敵だと思いますよ。

交通 那覇空港から約26km約60分
駐車場 路上駐車できました
住所・問合せ先 問合先:嘉手納町字嘉手納地内 嘉手納町役場都市建設課
電話:098-956-1111(内線333)
料金 無料


より大きな地図で比謝川遊歩道を表示
Copyright ©Okinawa information IMA All right reserved | Since Sep.12th.1999 | 更新: 2016-12-10