沖縄のアイスクリン

大きな道路沿いでは、きっと売っています。

さっぱり味のアイスクリンは、暑い沖縄にぴったりです。
 沖縄の幹線道路を走っていると、白とブルーのパラソルを立ててアイスクリンやさんが出店しています。 夏場は勿論ですが、数は減るものの一年中見かけます。
冬場でも結構陽射しが強い沖縄ならでしょう。
大抵、道路の両側にあまり離れずにあることが多くて、とにかく目立ちます。
販売員は女子高生のアルバイト。
一箇所一人が原則ですが、たまには友達とユンタク(おしゃべり)しながら店番してる子もいます。
一生懸命、読書に専念している子、ボーっとしている子、お客さんを呼ぼうとがんばっている子。
彼女達のキャラクターを見て通るだけでも面白いです。

 で、肝心のアイスの味は?
さっぱりしていて、ブルーシールやハーゲンダッツとは対極の味。 甘さも軽やかで、これはこれでおいしくて私は好きです。
暑いときに車の中で食べるには最高!

求人誌で募集見たことないけど、どうやって店員集めているんだろう?
彼女達の時給っていったい幾らなんだろう?
歩合制なのかな?時間給なのかな?
お手洗いとかどうするんだろう?
ひょっとしたら、沖縄アイス組なんて、シンジケートでもあるのかしら?(笑)
一説では、北部の今帰仁城跡の所でお店をやっているオバーが、総元締めで取り仕切っているとか…
本当なのかな?
 そういえばアイスクリンらしきものも、店頭に並んでいたなー。 など、余計な疑問の湧いてくるアイスやさんでは有ります。

なんて思っていたら、最近サイトができているようで、その中でバイト募集をしていました。晴れてる土、日祭日限定という条件付の募集。
どうやらアイスクリンカフェ・夕覧船というお店も始めていたようです。

http://cafeyuransen.ti-da.net/

アイスクリン アイスクリン売りの女の子 アイスクリン売りのバイト
アイスクリン


Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved    更新: 2013年6月22日