首里城2・歓会門~広福門
Syuri Castle 2

首里城イメージ
 順路は守礼門を過ぎて正門に当たる歓会門、瑞泉門、漏刻門と三つの門をくぐり、広福門から下之御庭に向かいます。

歓会門

歓会門 歓会門は園比屋武御嶽から緩やかな坂を上っていくと、首里城の正門である歓会門に出ます。 第二尚氏統第3代尚真王の時に造られたと言われ、第二次世界大戦で焼失してしまったものを1974年に復元されました。石積みの城門の上に木造の櫓が組まれたもので、朱に塗られていません。 そのためか、あたかも往時のものが残っていたかのような風格です。 石門の左右に石でできた立派なシーサーが置かれていて、いかにも首里城内を守護しているかのようです。

瑞泉門

瑞泉門 そのままゆるい階段を上がっていくと少し急になり、右脇の少し下がった所に綺麗な水が龍の口から流れ出る湧き水があります。 竜樋冊封使や国王などの飲料水として使われていたそうで、その先にある首里城二番目の門である瑞泉門の名前の由来でもあります。 瑞泉門は高い石門の上に朱色に塗られた櫓が乗せられていて、かなり立派。この門の両脇にも守りのシーサーが配置されています。

漏刻門

漏刻門  首里城第三の門、漏刻門は、瑞泉門から階段を登っていくとすぐにあります。櫓の中に水時計が設置されていて時間を計っていた事からこの名で呼ばれているようです。 ここまで籠で登ってきた役人なども、国王に敬意を表してここで籠を降りて徒歩で登城したと言われています。階段の登りもここまでです。

広福門

万国津梁の鐘(レプリカ)と日時計 漏刻門を過ぎるとすぐに広い場所に出ます。 ここからの景色はなかなかのもので、条件がよければ那覇の町並みの向こうにブルーの海が広がり、沖合いに慶良間の島々まで見る事ができます。 眼下を見ると、いくつかの石門と、そこをくぐって歩いてくる人達。 ちょっぴり階段を登って汗をかいても、ここからの景色と気持ちのよい風は忘れさせてくれるでしょう。(下に写真あり)
1793年から利用され始めたと言われる日時計である日影台や、その奥に供屋といわれる白木作りの小さな建物に下げられた万国津梁の鐘のレプリカなども見学したら、いよいよ広福門から下之御庭に進みます。広福門は建物の一部が門の機能を果たして、 琉球王朝時代には神社仏閣を管理する寺社座、士族の財産をめぐる係争を調停する大与座の二つの部門がこの建物内にあったそうです。広福門
首里城広福門手前からの景色
次のページへ→

Copyright ©Okinawa information IMA All right reserved | Since Sep.12th.1999 | 更新: 2016-06-28