首里城周辺・円鑑池と琉潭池
Enkan-ike and Ryuutan-ike

首里城イメージ

弁才天堂・円鑑池・天女橋

弁才天堂・円鑑池・天女橋 円覚寺跡と道路を隔ててほぼ向かいに、小さな池があり、その中央に小島が作られていてお堂があります。 首里城観光の帰りのルートでもすぐ横を通るので、わかりやすい場所。  
15世紀末頃に朝鮮王から贈られた 方冊蔵経( 高麗版大蔵経 )を納めるために、1502年この円鑑池の中にお堂が設けられ、そこへ渡るための橋(当時は観蓮橋と言う名前でした。)である天女橋が造られました。
  1609年に薩摩藩が琉球に攻め込んできたために、お堂は破壊されて方冊蔵経は失われましたが、1621年に新たにお堂を建て弁財天像を祀って以来、 ここは弁財天堂と呼ばれ、観蓮橋も天女橋と名前を変えて呼ばれるようになりました。 天女橋は中国南部にある橋に似た琉球石灰岩を用いたアーチ橋で、 全長9.75m、幅2.42m、欄干は細粒砂岩で造られています。
1945年に沖縄戦で弁才天堂も破壊され、 天女橋も大破しましたが、1968年に弁才天堂が復元され、翌年に天女橋も修復されました。弁才天堂から天女橋を見た弁才天堂 (一部現地説明板を参考にしました)

琉潭池


琉潭池  円鑑池から戻り、又少し行ってから階段を下りていくか回り込むように進むと、一段低くなった琉潭池の南端にでます。
ここは1427年、冊封使の進言により造られた人工池といわれ、「香りのする木や花を植え、万人が利用できるようにして太平の世の象徴として永遠の記念とした」などと書かれた石碑がありました。 冊封使をもてなす船遊びの宴も、ここで行われたと言うことです。
周囲の木々のおかげで快適な影のできる石畳の遊歩道を歩いていると、大型の水鳥が人を怖がらずにあちこちにいるのでびっくり。 近づいても逃げるではなく、かといって餌をねだってくると言うわけでもなく、通る人達と良い関係にあるようです。
琉潭池にいる水鳥 川のように細くなっている部分の両側は亜熱帯の木々が生い茂り、那覇の中心部だとは思えないような静かさ。そして見かける人達もまばら。
首里城の観光客の多さや、その周辺に並ぶ雑多な商店などの賑やかさとは、別の次元の空間のようです。 池が広くなるあたりに東屋とトイレなどの施設があり、この道は車の通りの多い道路、29号線にでて終わりになります。
琉潭池近くの東屋 この道路から池越しに見える首里城の建物群は、池の周囲の木々と良いバランスで、夜間ライトアップされている時などは、特に見ものです。
※円鑑池から琉潭池へのコースは、首里城観光においでになったら、是非時間をとって寄ってみてほしい場所のひとつです。
放生池越しに見た首里城(昼と夜)


Copyright ©Okinawa information IMA All right reserved | Since Sep.12th.1999 | 更新: 2016-06-30