慶留間島イメージ

慶留間島余話

慶留間のお話しです。

慶留間島へ 慶留間島の宿泊 慶留間島の海 慶留間島の集落 慶留間島あちこち 慶留間島海の中 慶留間島余話
離島の楽しみ方
慶留間のセミの抜け殻
 離島に行くんだけど、例えば雨に降られたら何をしようかとか、夜は時間が余ってしまうのでどう過ごそうかなどのご質問をいただくことがあります。
でも、ちょっと待ってください。本来離島にはテーマパークや観光施設、夜になると人がいっぱいになる繁華街などはありません。
離島には、のんびりとゆったり流れる時間と、そこで生活を続ける人々がいるだけの場合がほとんどです。 ですから都会生活の延長のような過ごし方をの望まれたら、きっと行かれてもがっかりされるかと思います。 
しかし、そこには人が手を入れていない自然、素晴らしい海、どこか懐かしくなるような風景、やさしい人達など、都会では手に入れることの出来ないものであふれている場所でも有ります。
もし雨に降られてしまったり、夜に退屈したら、宿の方の暇そうな時間を見つけて話しかけてみましょう。
道であったおばあちゃんに声をかけてみるのもお勧めです。そこから新しい何かが始まるかもしれません。 人と話す事の苦手な方は、島にかかわる本でも持っていって、都会にいる時には感じることの出来なかった優しい時間のかなで読書はいかがでしょう。
それも面倒なら、エアコンを消して窓を開けて風に吹かれながら昼寝も悪くないですね。何にもしない、というのも離島の楽しみ方の一つだと思います。

相方積み
 沖縄の石垣などの石積みには、色々な方法があります。
 野面積みは、技術的に初期のもので、 自然石をそのまま積み上げます。しっかりかみ合っていないので 脆そうに見えますが、排水性に優れていて以外に頑丈。 布積みは方形に整形したおおきめの石積み上げる方法です。
相方積みは亀甲積石垣 相方積みとも呼ばれ、四角形から六角形などに加工された石をかみ合うように積み上げる比較的高度な技法です。写真は多嘉良家の塀の相方積みです。
星空
離島といったら、お天気が良かったら夜は星空見学でしょう。コンパクトカメラで三脚も無かったので多少ぶれましたが、この日もペンションのテラスからでも北斗七星を初め、満天の星空を楽しむ事が出来ました。慶留間島の星空
Copy righted c Okinawa information IMA All rights reserved    沖縄IMAブログ / 沖縄情報IMA / 沖縄ブライダル情報
Home 戻 る 閉じる