キジムナーいるよ

沖縄のかわいい妖怪です。

今でもたまに話を聞きます。
 木々が生い茂る公園内には、周囲とは別世界のゆったりした雰囲気があふれています。

 何年か前のことですが、那覇に住む私の友達が
「ねえ、不思議なことって有るよねー。」と言って話し掛けてきました。

「一週間くらい前、夜1人で寝ていたけど寝苦しくて目がさめると、何か枕もとで気配がしてさー、目だけ動かしてそっと見るとサルくらいの大きさの人間みたいのが二人いて何かごそごそしゃべっているわけ。
だから、知らんぱーして聞き耳をたたていると、

−今度この家の後継ぎに子供が生まれるよ、男の子だから後継ぎだねー
−これでこの家も安心さ、−
−しー、大きな声で言うんじゃ無いよ、まだ皆知らないんだから−


なんて話し声が聞こえてくるわけ。
何のことかさっぱり解らなかったんだけど、眠いからそのまま寝ちゃってさ、次の日、ニイニイのお嫁さんが病院に行ったら、赤ちゃんができたって言われたって。」

それでどうしたかって?

もちろん長男のお嫁さんはかわいい男の子を無事出産。 元気にすくすく育っています。
彼女のお家の側にある公園のガジュマルの大木も、海風でざわざわ音を立てながら、素敵な日陰を近所のオジーオバー達にプレゼントしています。



Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved     更新: 2013年6月16日