ぴろさんの西表レポート
西表で大物祭り

投稿者:ぴろ 投稿日:2016/06/07(Tue) 15:03 No.1420



ここ数年、GW後~梅雨明け前位の時期には西表に行くことが多いのです。西表が好きだから、というのもありますが
・代金が安くて島もすいてる
・梅雨でも、海が厳しくても山で楽しめる
・アカショウビンが鳴いてる
・パイナップルがめちゃくちゃ美味しくてしかも安い
こんな理由での初夏の西表通い。めいっぱい泳ぎ、たらふくパイナップルを食べてきました

シュノーケリング1日目

 去年泊まってみて気に行った宿が、そもそもダイビングショップがあるところで 部屋から見える船でどんな所へ行くのだろう?と思っていたのと、 オフシーズンのお得期間でとても安かったので4月に初めてシュノーケリングを頼んでみました。
ダイバー船に同乗するのは初めてだったので、どんなものだか心配ではあったのですが 素敵なサンゴは勿論のこと、コブシメやチンアナゴを初めて見ることができ大満足したので、すぐにまた行ってしまいました。
ダイビングショップらしく、海に入る前にいつも必ずしっかりとしたブリーフィングがあります。 この日のポイントは3本とも4月に行ったポイントで楽しかったところでした。
しかし1本目では船のボスから「船の周りからあまり離れないように」とお達しが出たとのことでちょっと残念… 仕方がない、1本目は準備運動かな。
今回のシュノーケリング担当ガイドさんは前回サブガイドでついて下さった方で、 「おふたりならもっと離れた場所まで行っても大丈夫だとは思うんですけど。次は交渉しますので、本当にすみません」 とおっしゃるガイドさんを困らせるワケにもいかないし。
2本目はおかげさまで広範囲で泳げました。
4月に比べれば気温海水温ともに上がり海の中も快適です。 ランチを挟んで3本目、シュノーケリングチームは海ガメ探し。あっさりたくさん逢えました。

シュノーケリング2日目

 この日は海況が悪く天気もイマイチ、部屋から見える海もこんな湾なのに波立っている…大丈夫かな? シュノーケル専門店なら今日は中止じゃないかな、というコンディションでした。北風だったのもあり上原便は欠航していました。
1本目は、島の南側のマンタポイントのはずだったのですが、あまりの波風に途中で断念、引き返し。残念無念。 昨日の2本目と同じポイントで泳ぎました。 しかし波が本当にすごく、これじゃまるで造波プール。
私はもうアトラクションとして楽しみましたが、 船酔い波酔いをする同行者は、そもそも移動時間も増えてしまったのでそこで既に調子が良くなかったのに モーレツな波に止めを刺されてダウン。
休憩中の船上でも勿論揺れますが、船が大きいのは不幸中の幸いでした。
2本目は一転して穏やかな場所へ。おかげで同行者もやや復調。
サンゴもまぁまぁあるポイントで、のんびり泳いできました。
ショップの方がオニヒトデ退治をされているところを上から眺めたりもしました。 ランチ後、他のお客さんの都合で一度寄港することになり、調子の戻りきらない同行者は先に降りて宿で休むことに。
ガイドさんから「正直、次のポイントはシュノーケリングでとても楽しめる、ここは是非っていう場所じゃないんです。すみません。
なので無理せず戻って休まれた方がいいと思います。」と率直な意見を頂いたので帰りやすかったとのこと。
という訳での3本目は前回唯一残念だったガレ場です。ダイバーさんには宝箱とのこと、ダイバー目線だとどんな海なのかしらん。 私にとっては整理体操かな。海況も悪いしね。こういう日もあるよね。
今日はシュノーケリングショップなら中止だったかもしれない日、山ツアーでも良かったかな、という日でした。
結果、ドタキャンは勿論したくないのですが、いつまでの連絡でキャンセル料はいくらなのか、 次に頼む時に「どう考えてもシュノーケラーには厳しそうな日」があるかもしれないので念のために聞いておこうかなと思いました。 でもとにかくどのスタッフさんも感じが良く、そして西表ではしげた丸についで安いので (器材・ウェット・ボートコートまでコミコミ価格ということを考えるとお得期間なら一番安いのでは) 何日も泳げる予定であれば、残念な日が1日あっても許容しちゃいます。そもそも自然相手だし。
今回は3日間頼んだので、明日に期待。

シュノーケリング3日目

 この日は天気・海況ともに良く絶好の海日和。
1本目、とても大きなアザミサンゴを見ました。それにしても天気が良く、海に差し込んでくる光が本当に綺麗…なんだけれども 上手に写真が取れず残念ですが、とにかく気持ちが良い日です。
2本目はドリフトをすることに。とはいえ最初、新人ダイバーチームとそしてシュノーケリングチームは船上待機とのお達しが…ガーン しかしポイントを確認すると潮の流れがとっても緩いということで、シュノーケリングもOKとのこと!やった! どれどれと海に入ると「え、ドリフト?」という感じでほぼ流れは無く(ピュアマリンのようながっつりとした流れがあるのかと思っていたので)、 何か大物に逢えると嬉しいな~とガイドさんと一緒にのんびりのんびり泳いでいき、あ、ダイバー達があそこにいるぞ、何がいるんだ?と 思った瞬間、その先にいたものは…バラクーダの群れでした!!!
まさかまさかシュノーケリングでこんなものを見れる日がこようとは。
そーっとそーっと近づいて行き、全く逃げない群れを目の前で堪能しました。 水面近くにいたため、最後はなんと自分の真下でトルネード。
動画も撮りました。鼻血出るんじゃないかと思いました。
ダイバーと違って残量も何も関係の無いシュノーケラー、ガイドさんの計らいでダイバーが全員上がった後、ぎりぎりいっぱいまで バラクーダを楽しませて頂きました。みんな、シュノーケルで飛び込んで来ればいいのに!とか言いながら。 もう今日はこれで帰ってもいいかなとも思いつつ(なーんて、今日は寄港もありません)やっぱりしっかり3本目。
ここは4月にも来たポイントで、とってもサンゴが素晴らしいポイントです。 「4月にも泳がれているので、今回はあちら側で泳いでみませんか?」というまたまたガイドさんの親切な計らいで前回とは別方向へ。 「あちら側」も十分にサンゴが綺麗で、興奮したアタマをクールダウンさせながらのびのびと泳ぎました。 そして、明日は最後の1泊を宿移動した上でそちらで開催している1日滝ツアーを申し込んでいたのですが、 前日18時まではキャンセル無料ということで申し訳ないのですがツアーはキャンセル。 天気も海況も良さそうなので、急遽明日もシュノーケリングをお願いすることにしました。 2日目が不完全燃焼だった分、後悔の無いように泳ぐぞー!
滝はまた次、待ってろよー!

シュノーケリング4日目

  泣いても笑っても今日がラスト、さーて何に逢えるかな?
往路は日焼け覚悟で船の2階へ。
あっ、南側に回ってる!西表の南岸って初めて見た!波照間の灯台も見えるじゃん!(コーフン) 天気の良い日はクルージングも楽しいです。
1本目、2日目に辿り着けなかったマンタポイントです。
シュノーケルチームから先にどうぞと言われドキドキしながら入ると なんとあっさりマンタ発見!1枚だけどマンタ発見!!
西表は春がシーズンとは聞いたことがあったけど、こんなにあっさりマンタ待ちも無くマンタかー! 石垣では見れたけれどもちょっと遠かったマンタ、フロートに捕まりっぱなしで眺めただけのマンタでしたが ここではマンタもシュノーケラーが珍しいのか?
多少近いところまで来てくれました。ウヒョー。 ガイドさんは今回もダイバーが船へ戻った後、一番最後ギリギリまでマンタと泳がせてくれました。
2本目は地形ポイントへ。
ガイドさんの大好きなポイントということですが、やはりシュノーケルで地形は難しい。 サンゴも無いワケじゃないんですが、他の「サンゴポイント」が素晴らしいので…。 まあ今日はもうマンタ見れたし余裕です(笑)。
ランチ後3本目へ移動。 のハズが、あれ?船、逆戻りしてる?さっきのポイントに何か忘れ物でもしたのかな?(笑)なんて話していたら あれれ?方角的には大物のいる、まさかの無人島ポイントへ向かってる?
でもあそこはシュノーケルはおろかダイバーでも上級者ポイントなんだよね? いっそ私達は3本目は島に上陸、散歩でもいいけど(笑)
どうしたのかな??と話していたら
「イルカの群れがいますよー!2階へどうぞ!」とスタッフの声が!
えええええ、マジでー!?とみんな大慌てで2階へ。 (のちに、オキゴンドウでしたと訂正が。おお、イルカじゃなくてクジラだったのね)
という訳でまさかのホエールウォッチング! ギョエー、沢山いる~潮吹いてる~キューキュー鳴いているのが聴こえる~!!! ゴンちゃん達も遊んでやろうかなと思ったのか、かなり長い間見れました。 (船が間近に寄れたのと海が綺麗なこともあり、海上に背びれ等が出てなくても海中のオキゴンドウがわかるんですよ!)
去年利島でドルフィンスイムも体験した私は、もう海に飛び込みたいのを抑えるのに必死でした。 また鼻血出るんじゃないかと思いました。
今日もまたこれで帰ってもいい気持ちにちょっとなりましたが(笑)、オーラスの3本目へ。
サンゴポイントであり地形ポイントでもある場所で、本当に今日も海に来て良かったと充実感を味わいながら思う存分泳ぎました。 楽しい時間は早いもので何泊してもあっという間。 海でまさしく完全燃焼し、最後は1泊のみツアーで予約したホテルへ送ってもらいました。最終日が石垣泊じゃなくて良かった。
セール期間でこの値段で西表のホテルが選べて本当に良かった。 翌朝は、素晴らしい思い出と帰途につかねばならない寂しさを共に抱えながら、元気に出航していく船へ精一杯手を振りました。

まとめ

 今回は梅雨入り直前の旅となり、そして大物にも色々逢えてラッキーでした。 去年の5月は3泊4日で2日間海の予約を入れたものの、ずっと降ったりやんだりで海況もイマイチ、結局一度も泳げず 半日の滝ツアーに2回行きました。
ドライブでピナイサーラが3本になっているところは見ることが出来ました。 お天気ばかりは運、海の生物もやっぱり運。何度も何度も行けば、晴れや大物にもいつかは遭遇できるものだなとしみじみ。
それに今回は1日目2日目があったからこそ、3日目のドリフトも許可されたのではないかと思いますし。(海況は前提条件ですが)
これからも西表は私を惹きつけてやまないでしょう。今年は多分もう行けませんが、いつでも想っている島のひとつです。
以上、長文にお付き合いくださり有難うございました。
 

kaotti1 2016/06/07(Tue) 16:43 No.1427

ぴろさん、こんにちは~
そうか、海が駄目なら山がある!西表島のいいところですね。 今回はまさしく海三昧、シュノーケル三昧!
しかしこんなに毎日シュノーケルって楽しそうだけど疲れないですか?ってぴろさんはまだまだお若いから大丈夫だと思いますが。
老体の私には同じメニューは厳しいかも・・・う~ん若いって素晴らしい
お宿+ショップも拝見してきました(多分合ってる?)ここ、前を通ってますね~。 船が大きくて清潔そうなトイレにシャワーもあるのでポイント高いです。
またキャンペーン期間中の料金はとーっても魅力的。
お宿のお部屋も海に面してるし最高です。
食事も美味しそうだ~ ダイビングショップでのシュノーケルはダイビングの方が優先されてシュノーケルはどうしても後回しと伺うことがありましたが、こちらでは大丈夫だったんですね。
ダイビング船で行くとなると珊瑚が遠いのかなぁとか思いましたが、近くで見ることも出来るみたいでそれもいいなぁ。
それにマンタやバラクーダのトルネードも見られたなんて素敵です。最後の最後にオキゴンドウもだし。 そうですよね、毎回会えるかどうかはその時の海況とか運なんかもあるのでしょうけど、今年はぴろさん更にラッキーを持っていらっしゃるんじゃないでしょうか。
あ~あやかりたいあやかりたい(笑)
私、西表島は冬に一度きりなので海遊びは考えていなかったのですが、入梅直前とか狙い目ですね。 いつか西表島でもシュノーケルもしてみたいなぁって思える、そんな旅行記でした。
バイタリティ溢れるぴろさん、有難うございます。
ところでピナイサーラ3本って何でしょ?

コアラ 2016/06/07(Tue) 20:15 No.1428

うわあああああ・・・。
こんな海中の写真を見たら、ワタシがこれまでいつくしんできたささやかなサンゴの景色はブッ飛んでしまったです。なんですかこの豪華さ。カメなんて一度しか見たことない。
バラクーダは焼いて食べたことしかない。
西表島ツアーではこんなのが(海況によっては)見られるのですか!もうね、宮古島キャンセル。石垣島を素通りして西表島に行くわ。 kaotti1さん、「ピナイサーラ3本」って、普段は二条しか流れ落ちていない滝が、雨が多くて三本になって流れていたということじゃないのでしょうか。ええ、実は滝の上でワタシが立小便していたのですけど。ドドドドー!
それにしても1枚目の写真。 パイナップルをジュースにするのは、きっと痛かったに違いないのです。

kaotti1 2016/06/07(Tue) 21:37 No.1429

し、師匠ってば!( ̄▽ ̄;)

ひろ 2016/06/08(Wed) 02:50 No.1436

kaotti1さま
はい、今回はシュノーケル三昧でした!
海も山もある西表最高!
私は毎日泳いでも元気です。何日連続で泳げばもういいやって思えるんでしょうか(笑)。
去年の夏全部予定通りに泳げたら思ったのかな?
同行者はちょっと年上なので、楽しいんだけれども多少しんどいみたいで栄養ドリンクを西表に持参してました(笑)。
あと2日目、2本目で切り上げて宿で休んだら次の日の疲れの残り具合が全然違うわーとビックリしてました(遊んでるのに毎日疲れって残るものかとビックリしたのは秘密です)。 あっちでみつかっちゃっているのならお宿とショップはあってらっしゃると思います。オススメですよ! ここでしたらダイビング優先で寂しい思いをすることはありません。シュノーケラー向けにサンゴの綺麗な処をなるべく選んでもらえます。
ただ「ダイバーの窒素抜きがあるので1本目と2本目の間の休憩時間が長め(2本目から3本目は、ランチなので気になりません)」
「たまにはガレ場になってしまう」
「ウエイトは借りられないがウェット着用」
これらが問題なければオススメです。 でも私は自前のタッパー上下・下はトレンカ着用で泳いで何も言われなかったので、要するに安全の為に肌を出さなければ良いみたいです(多分です。小声)。
必ず素潜りをしたい方は、ウェットじゃないと泳げない時期は厳しいですね。 大物、私も先月は特に見たワケじゃないので今回は本当にラッキーでした(でも、そういえば4月は偶然遠くにマラダトビエイを見ました)。
あー、シュノーケリング運、今年中続きますように!(祈)
ピナイサーラは、大雨の後、本体も凄い水量でしたがその横にも滝が出来て流れていたということです。 本体がわかれているのか、普段は滝じゃ無い場所も滝になっちゃってるのか、コアラ様が滝上にいらっしゃったのかは不明です(笑)。
うーん、この写真でわかるでしょうか?遠くてスミマセン。

ぴろ 2016/06/08(Wed) 03:10 No.1437

 コアラさま えええええ、いやいや、ビーチエントリーならやっぱり宮古ですよ。 (八重山はどーしてもボートエントリーかな~と思っています。お金がかかる~) そんなことおっしゃらずに、どうぞフナウサギバナタ下の調査結果等教えて下さいませ。
私も勿論、皆さんが毎年コアラさまのレポートを心待ちにしているんです!(^^) お食事情報も楽しみなんですから。
そうそう、西表は宮古島市街地程多くの選択肢は無いし(離島の離島ですしね)、酔ってフラフラされているとハブが危険です(笑)。
山・滝・動物にもしご興味がおありでしたら、西表は激しくオススメするのですが。
1枚目は宿のご近所名物、生搾りパインサワーです。食べて良し搾って良しの旬のパイナップル、業者か?という位買い込んできたのは秘密です。 これをね、イタタタタって言いながらギューギューしぼって飲むのがまた楽しくもあっていいんですよ!(笑)
見た目もやっぱり頭の部分の方がパイナップル!って感じがするしそっちの方が甘いし。 二人で同時に頼んだら、ちゃんとアタマとオシリ両方来たので、味が公平になるように搾ってから半分ずつ入れました。西表バンザイ!\(^o^)/

つん 2016/06/09(Thu) 06:54 No.1438

ありがとうございます。楽しみにしてました。
写真もあってダイビング船での様子もよくわかりました。 石垣に行って、しばらくいいかなと思ったけれど西表はやっぱりいいですね。
泊まってみたい宿もあるので、いつかまた西表かな。 来年は、本島&慶良間、たぶん宮古島(今年はまだ行っていないからわからないです(笑))、奄美大島(今年また、日程的にかけろまには行けそうもありません。来年こそはかけろまに!)なので再来年は行きたいですね。
仕事の都合で西表にこの時期に行くことは出来ないのが悲しいです。

ナイチャー小林 2016/06/09(Thu) 22:36 No.1439

西表の海、素敵過ぎ♪
ボートエントリー必須でも、行く価値大いにありそうですね。
パイン、ジュースにしても美味しいし、そのまま食べても美味。 楽しそうな旅行でしたね。 レポート、サイトに残させていただきますので宜しくお願いいたします。
追伸:ひろさん、海の中の写真も上手いですね♪

ぴろ 2016/06/17(Fri) 16:37 No.1470

つんさま お返事遅くなって申し訳ありません。 西表はやっぱり離島の離島、行くのは大変ですがその分の素晴らしさがあると思います。 パイナップルの時期に行けないのは残念ですが、海以外でも良ければ八重山の様々なイベントにあわせるのも楽しいです。 以前、黒島の牛祭りや竹富島の種取祭にあわせて行ったこともあります。 私も他に泊まってみたい宿と、既に気に入っている宿があるのですが、同行者が予想外に今回の宿を気に入っているので どうやったら一泊だけでも引き剥がせるのか悩んでいるところです。 それにしても今年どころか来年の旅行の予定も既にたくさんあるのですね!羨ましいです。
素敵な旅行になりますように。

ぴろ 2016/06/17(Fri) 16:39 No.1471

ナイチャー小林さま お返事遅くなって申し訳ありません。
西表は奥深いです。いつか機会がありましたら是非。 「ピーチパイン」自体、八重山にこの時期行かなければ知ることは無かったと思いますが、 今では欠かせない初夏の風物詩です(笑)。 海中写真、実は素敵な二枚はショップに頂いたものです(小声)。自力じゃたいした写真が撮れず、 これじゃ私が見た素晴らしい光景が伝わらない!と思ったので…シュノーケリング中の写真も頂ける、 そんなサービスもある
本当に良いショップですよ、ということでお許し下さい~(汗たです。
Copyright ©Okinawa infonet IMA All right reserved | Since Sep.12th.1999 | 更新: 2016-07-12