加計呂麻島     ミーコ -2014/09/20(Sat) 09:15 No.5536

 

皆様のおかげで充実した加計呂麻島の旅が出来ました。
感謝の気持ちを込めてツタナイ文章ですが、初めてのレポートをお付き合いください。カメラの調子が悪く写真はありません。


加計呂麻島(google earthからの写真 )
初日
 羽田から直近便にて奄美に14時30分到着。すぐに「奄美夢島」を手に取り目の前のバス停から名瀬行に乗車し、奄美パークへ。念願の田中一村の画にご対面。
これから始まる旅の風景に思いをよせながら堪能しました。来て良かった〜
また路線バスにて名瀬市内のホテルにチェックインし、すぐに吟亭さんに電話予約、快く受け入れて下さいました。
店内は私含めて5名、美味しい島料理と唄、私も太鼓たたいたり歌ったり、踊ったり楽しかった〜
。因みに料金はライブチャージ料理込3000円でした。

2日目
 ホテルのバイキングの鶏飯が美味しくってびっくり!
帰りにもう一度食べようと誓い、路線バスにて古仁屋へ。
途中の風景は西表島の上原〜大原間に似ていたり時折、天城峠だったり変化にとんで飽きません。
古仁屋から船で生間港に渡り、荷物を待合所で預かってもらい(事前に電話連絡済)加計呂麻バスにて徳浜へ。
徳浜へのバスは帰りに何時に乗りますと申告しないと来ないそうです。
細いくねくね道、途中で荷物のお届けもされてました。運転手さん運転もうまいしシブい男前でした。
徳浜ではつるかめ畑カフェでのんびりランチ(ここはお勧めです)ケンムンカフェ閉まっていました。
その後、浜でしばらくぼーっとしてサンゴ塩を買いバスにて生間港に。
荷物を受け取りバスにてすり浜にチェックインしました。

3日目

 すり浜の朝日に癒されこの日は「うみがめ隊」のツアーに参加。
宿に10時に迎え、瀬相港で他のお客さんをピックアップして実久に向かいます。
途中珍百景に出たゴルフ練習所を見たり楽しいドライブでした。
海は江仁屋離島に上陸しお弁当、シュノーケリングでした。
透明度もですが、魚がスレていないきれいな所でした。このままでずーといてほしい場所でした。

4日目
 この日はのんびりの日。
宿の方に港に行くついでにと諸鈍に送って頂き、念願のリリーの家へ。
今にも寅さんが顔を出しそうな場所で嬉しかったです。ディゴ並木は風が吹き抜け気が付いたら木陰で一時間近く過ごしていました。
ここで「海辺と生と死」を読み終え、緑の生垣の集落をのんびり散策ゆっくり歩いて生間港に帰りました。

その後、生間の小さな集落を歩いていたら木陰で涼んでいる二人のおばあちゃんに声をかけられ沢山お喋りしました。戦時中の話や子供の頃の話と、とても貴重な時間をすごせました。
特に印象的なのは風が止んで「暑いねー」と言ったら急に口笛をおばあちゃん吹き始め「こうすると風がくるよー」と言われその後すぐ気持ちいい風が吹いたのです。
素敵なお二人でした。その後後ろ髪を引かれながら生間港から路線バスにてすり浜に帰りました。
そしてすり浜にある鍼灸院で針をしてもらいリラックス。星空も綺麗で浜辺でのビールが進みました。

5日目
いよいよ最終日。
すり浜の朝日と宿のワンコと戯れ朝食後帰り支度。帰りたくないなーと何度もため息。
宿の方に生間港に送ってもらい古仁屋へ。海の駅でバスのフリー乗車券と田原製菓のかりんとうを買い路線バスにて名瀬へ。
空港行の乗り換え時間に鶏飯を食べに「鳥しん」へ。味はホテルバイキングの鶏飯のほうが私には好みでした。ここで生ビールを飲んだら急に電池が切れ疲れてバスと飛行機では爆睡でした。
のんびりのつもりがあれこれ動いてしまいましたが、何度も「次に来た時は」と思うことばかりですっかりはまってしまいました加計呂麻島に。脳みそホントに溶けますね。
沖縄・八重山好きの方に絶対おすすめですね。皆様のアドバイスのおかげです。
この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

加計呂麻島(google earth 航空写真)
管理人:勝手にGoogle earth の写真貼り付けました。ご容赦ください。

Re: 加計呂麻島 ナイチャー小林 - 2014/09/21(Sun) 17:51 No.5542

ミーコさん、こんにちは。
レポート感謝です。
加計呂麻島、素敵だったようですね。私はまだ未踏破。
でも、次に行きたい所リストにはしっかり入っています。
沖縄本島では以前のようなきれいな透き通った海が激減する中、周辺離島に魅力を感じる方が増えてくるのも解るように思います。

沖縄本島でも時間はのんびりしてるのに、離島ではもーっとゆったりしてますよね。
離島は意外とオフシーズンに行っても楽しめます。今度挑戦してみてくださいね。
また掲示板でお待ちしています。

Re: 加計呂麻島 ナナ - 2014/09/24(Wed) 13:58 No.5543

ミーコさんお帰りなさい。
なんて素敵な旅だったことでしょう。

加計呂麻の静寂で時間が止まったような空気感に包まれたレポートでした。。。読んでいてそのまま加計呂麻にいる気分でしたよ。
諸鈍のデイゴの下の風景。あばあちゃんたちとの会話。
まるで自分がそこにいるかのような錯覚を覚えました。

また次に行く計画を立てたくなりますよね。
レポートありがとうございました。

Re: 加計呂麻島 ナナ - 2014/09/24(Wed) 14:05 No.5544

あ、声を掛けられたのは生間でしたね?(*^_^*)
どちらもこちらものんびり木陰で涼んでいる人たちがいますもの。
専用の椅子やらベンチやらがあったことと思います。

「海辺の生と死」も読まれたのですね〜
呑の浦にある特攻艇震洋の格納庫もご覧になったでしょうか?
今あるのはレプリカですが、心に突き刺さる光景です。

Re: 加計呂麻島 ミーコ - 2014/09/25(Thu) 20:06 No.5545

ナイチャー小林様
沖縄では無いのに厚かましくレポートさせて頂きすみません。とにかく素敵な旅をしたので皆さんにお伝えしたく取り急ぎのような文章でお恥ずかしい限りです。
次回はオフの離島もぜひ、挑戦してみます。

Re: 加計呂麻島 ミーコ - 2014/09/25(Thu) 20:26 No.5546

ナナ様
残念ながら吞の浦には今回は行けませんでしたが、次回の楽しみにしています。
諸鈍の木陰でも白髪の素敵なおじ様に声を掛けていただき「明日の小学校の運動会に来なさい」とお誘いを受けました。生間のおばあちゃんにも同じ誘いをしていただきましたが帰る日で時間の都合があわず参加出来ませんでした (泣)
ナナさんがどっぷりはまる理由がわかりました。

↑一覧に戻る