ガーナームイ(ガーナー森)
Ghana-mui

沖縄のイメージ画像

ガーナームイは那覇の街中にある伝説の森

ガーナームイはこんもりとした小さな森で、空港からだと国場川を超える那覇大橋の手前右手にあります。
ガーナームイの俯瞰写真隣接した商店の駐車場から見たガーナームイ
ガーナームイ(森)伝説
那覇を流れる国場川は戦前まではもっと広くて、現在ラムサール条約で指定されている漫湖あたりも広々した川の流れのなかに小島が点在する、とても風光明媚な場所だったようです。島だったころのガーナームイ
琉球王朝尚敬王の時代、このあたりに暴れ者の巨大な怪物が出没して周辺の村人を困らせていました。
怪物は北に向って来て、真玉橋あたりの集落にも被害が及びそうになったとき、天の神様が怪物を退治するために岩を落します。
とても大きい怪物は、それでも一つ目の岩ではとめる事ができず、二つ、三つと落とすと尻尾にあたり、ようやく動きを止める事ができました。
それでも口から魔風を吹きだし暴風などで付近の人達に迷惑をかけ続け、これに困った真玉橋周辺の人達はこれを防ぐためにシーサーをつくり集落の端に祀りました。 これが今でも残るイリヌシーサーです。(別ページで紹介します)
それ以来怪物の魔風による被害も収まって、以前のように平和に暮らせたそうです。  そして、月日がたつとやがて怪物は現在のガーナムイと呼ばれる森になりました。
ガーナームイ全景

戦後埋め立てられた島です。

ガーナームイの入口にある階段。  以前は国場川の中の小島でしたが、埋め立てが進み市街地の中に取り残された場所なので、周囲には食事所などが立ち並びます。
その駐車場に車を止めて一回り。
この森に入る道は一箇所しかなく、小さな公園の先からブロックで作られた見つかりにくい道を登ります。 たいした高さは無いので木々の間を抜けたらすぐに到着。立派な御嶽の石碑が立っていました。
今では聖地として拝みに来る人も多いようです。 多分ここからの下を見る景色もなかなかのものなのでしょうが、残念ながら木々に邪魔されてそれは楽しめませんでした。
那覇の便利な場所にあるので、興味のある方なら気楽に寄れる場所です。ここに来て埋め立てされる前の那覇に思いをはせてみるのも良いかもしれませんね。ガーナームイ御嶽の石碑
関連情報 イリヌシーサー
交通 那覇空港から自動車で約5km約15分
時間帯により混雑の可能性あり。
駐車場 周辺に商店の駐車場有り


より大きな地図で ガーナムイ を表示


Home
戻 る
閉じる
Copyright ©Okinawa information IMA All right reserved | Since Sep.12th.12016-09-16-->-->-->-->-->-->