沖縄の方言(ウチナー口)・Okinawan dialect

若い世代も使っているウチナー大和口

ウチナー口(沖縄方言)には古い時代の日本の言葉、発音が残っており、大変興味深い物があります。 これからも後世まで残るよう、大切にしていかないといけないと思います。ここでは現代の若い人達も使っている、ウチナー大和口を中心にご紹介します。本格的ウチナー口は沖縄のお年寄りに聞いてくださいね。あ、後で詳しく紹介しますが、ヤマトンチュやナイチャーは(他県の人)、ウチナー(沖縄)と言うことで。
※何せヤマトンチュの書いているページゆえ、勘違い、間違い等ありましたらご容赦ください。それにしても、最近の子供たちは標準語しか話さなくなって来たのは、少し寂しいです。        

他県民には紛らわしい言葉



~しましょうね といわれても、誘われてると思わないこと。
~するよと言う宣言です。
ひざまづき 他県で言う正座の事です。
神に祈るあの形ではありません。
行く・来る これは混同して利用されています。
~に行く・来ると言われたら、主語の~に注意。
はく 多くの場合Tシャツでも着るといわず履くと言います。
気にしないでください。ちなみに帽子も。
行く・来る これは混同して利用されています。
~に行く・来ると言われたら、主語の~に注意。

本当に読めない沖縄の地名


南風原(はえばる)とか金武(きん)など、沖縄の難しい地名として良く取り上げられますが、沖縄の人でも読めないような地名がたくさんあります。一例を挙げてみましょう。

沖縄の元気なオバーとオジー
保栄茂
(びん)
勢理客
(じっちゃく)
西武門
(にしんじょう)
根謝銘
(いんじゃみ)
木下前
(ひんさめー)
一名代
(てぃんなす)
為又
(びーまた)
川代志
(かれいし)
※沖縄観光に来てある程度ウチナー口が理解できるのは楽しいと思いますが、覚えたての方言を話すのはいかがなものか…。丁寧な自分の言葉で話されることをお勧めします。
Copyright ©Okinawa information IMA All right reserved | Since Sep.12th.1999 | 更新: 2016-07-02