アダガーデンホテル(旧ヤンバルホテル)

沖縄本島ヤンバルにある一番北のホテルです。

適度な規模で快適に過ごせます
現在このホテルは経営母体が替り、アダガーデンホテル沖縄と名前も変わりました。でも建物等は同じですので、ページを残しております。
  沖縄本島はオクマリゾートを北限として大型のリゾートホテルはありません。やんばるを回ってみようという時にはどうしても一泊したくなりますが、名護に泊まるかオクマに行くか、海洋博周辺に泊まるか悩ましいところ。
先日機会があって東を通る70号線沿い安田集落から近い場所に有るやんばるホテルを使ってみました。亜熱帯の自然の中を通るこの道に、突然豪華な感じの建物が現れびっくりします。
  このホテルの建物は、以前シドマスインというベトナム風の宿というちょっと換わったコンセプトで作られていたので 、取材に来ようと思いつつそのうちに現在の会社に経営が引き継がれ、新たにスタートしたものです。
建物に入るとオフシーズンだったので客数が少なく、ガランとした印象が有りましたが、つくりは立派。重厚な雰囲気です。フロントには、それに比べて明るいキャラの若い男性。好感を持てる対応です。
 鍵をもらって部屋に入ると、ドアの立派さにちょっと驚き。部屋自体はめちゃくちゃ広いとかでは有りませんが、床が大理石のタイルでできていて、造り付けのものやデスクなどの家具は合板ではなく一枚板を塗装して作られています。山の中ですから海が見えるとはいきませんが、窓からは緑いっぱいのやんばるらしい静かな景色。

 食事といっても外食する場所も近くにありようはずがなく、レストランを使いました。地元の素材を使ったマクロビオティックベースのイタリアンのようで、コースはかなり凝った造りでしたが、この日食べた限りではどの皿にも共通した癖があり評価はこれをどう感じるかで分かれそうです。私は好ましく感じました。

 沖縄にあるホテルとしてはかなり個性的なものですが、個性豊かなこのくらいの規模のホテルがあちこちにできたら楽しいだろうなと思いながら、翌朝ここをあとにしました。
※ロケーションの関係で、このホテル内では携帯、NETなどは利用できません。まあ、WEBや携帯とさよならする時間というのも貴重かもしれません。
アダガーデンホテルオフシャルサイト  


やんばるホテル地図
やんばるホテル外観やんばるホテル正面やんばるホテル室内やんばるホテル室内2やんばるホテルの窓から見える景色

沖縄IMAブログ沖縄サーチ慶良間情報宮古島八重山・石垣|  更新 2011年11月23日
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved